鼻整形で理想の顔パーツ|美しさを作り出すプロ

にっこり

小鼻縮小手術

カウンセリング

手術方法

小鼻が横に大きく張り出しているせいで、鼻全体が大きくなってしまっている人がたまにいます。顔の真ん中で鼻がアグラをかいているような印象になってしまうため、悩んでしまう人が少なくありません。鼻が必要以上に目立っていると、顔まで大きく見えてしまいますので、悩んでいる人は小鼻を縮小する鼻整形手術を受けるようにするとよいです。一口に小鼻を縮小する鼻整形の手術と言っても、鼻の形がどのようになっているかによって、手術の方法が変わってきます。小鼻の張り出しがさほど大きくない場合であれば、鼻の穴の中の余分な組織や皮膚を切除して縫い縮めるようにするだけで、小鼻を小さくすることができます。また、鼻の形によっては隆鼻手術を実施することによって鼻の見た目を小さくすることができるケースもあります。一方、小鼻が横に大きく張り出している人の場合は、鼻の付け根から小鼻にかけての組織を大きく切除してしまう鼻整形が適しています。経験豊富な医師に担当してもらえば、最適な鼻整形の方法を提案してもらうことができます。

施術内容等

鼻の穴の中で切開する鼻整形は内側法、鼻の穴から小鼻の外側にかけて切開する鼻整形は外側法と呼ばれています。内側法の場合は、小鼻の外側に傷跡が残る心配をする必要がありません。ただし、先程も述べたように、小鼻の張り出しが小さい人に適している手術方法であるため、小鼻が外側に大きく張り出している人は外側法による手術を受けることになります。この場合、小鼻の外側の皮膚までが切開されることになりますので、目立つ傷跡が残ってしまうのではないかと心配する人が少なくありません。しかし、小鼻の外側の溝にかけて切開しますので、抜糸が済んでしまえばほとんど傷跡が気にならなくなります。心配な人は、医師に頼んで、過去に行った施術例の写真を見せてもらうようにするとよいです。クリニックによって若干の差異が生じていますが、手術の所要時間はだいたい30分から1時間です。局所麻酔を施した上で手術が行われますので、施術中に痛みを感じることはありません。ただし、術後1週間程度は患部に腫れが生じます。抜糸は術後7〜10日目位のタイミングで行われますが、手術の翌日からメイクすることができます。

Copyright© 2016 鼻整形で理想の顔パーツ|美しさを作り出すプロAll Rights Reserved.