鼻整形で理想の顔パーツ|美しさを作り出すプロ

微笑む女性

意外に目立つ鼻

女の人

鼻整形は鼻筋を通したり高くするだけでなく、小さくしたり鼻の穴が正面から見えないようにするなど様々なことができます。整形したことが気付かれにくい上に顔の印象をアップさせたり小顔効果も期待できるという特徴があります。

詳細を読む

鼻のプチ整形

女性医師

自分の鼻の形が気に入らなくても、鼻にメスを入れる美容整形手術までは受けたくないという人が少なくありません。そのような人におすすめすることができるのが、ヒアルロン酸注入による鼻整形です。メスを使わない手術ですので、気軽に受けることができます。

詳細を読む

鼻の整形手術

スキンケア

鼻整形と聞くと、鼻を高くする美容整形手術を思い浮かべる人が多いです。しかし、低い鼻を高くする鼻整形しかないわけではありません。たとえば、小鼻を縮小したり、団子鼻やワシ鼻を修正したり、鼻の長さを伸ばしたりするような手術も受けることができます。

詳細を読む

理想の鼻になる方法とは

美容整形

鼻のコンプレックスを持っていると、ついついうつむきがちになってしまいます。周囲の人に陰気な人だと思われてしまう可能性がありますので、鼻整形を受けてコンプレックスの解消を図るようにした方がよいです。鼻整形を受けると、顔全体の印象が大きく変わります。

詳細を読む

小鼻縮小手術

カウンセリング

小鼻が外側に張り出しているせいで鼻が大きく見えてしまっている人は、小鼻を縮小する鼻整形の手術を受けるようにするとよいです。小鼻を縮小する手術を受けると、鼻だけでなく顔までが小さく見えるようになります。

詳細を読む

より自然で安全な施術とは

治療

主流はシリコンプロテーゼ

鼻整形で最も一般的に行われているのは、シリコンプロテーゼという人工の軟骨を鼻に挿入する方法です。シリコンは医療用として人工関節にも用いられるなど、安全性の高い素材として広く利用されています。シリコンプロテーゼは柔軟性を持つ素材なので、鼻に挿入したときの違和感を少なくすることができます。鼻整形手術が登場した初期の頃と比べると、現在の人工軟骨ははるかに弾力性や耐久性に優れたものに改良されています。それによって快適な使用感を得ることが可能になりました。鼻整形用のシリコンプロテーゼは、その形状によってL型とI型とがあります。しっかりと高さを出して鼻整形を行いたいという場合には、L型のシリコンプロテーゼが向いています。一方、より自然な仕上がりにしたいと希望する患者の場合には、I型のシリコンプロテーゼが使われます。L型のシリコンプロテーゼは固定されやすいので形をキープしやすいというメリットがある反面、柔軟性の面ではI型に劣ります。技術面で問題のあるような医師が鼻整形を行った場合、鼻にトラブルが生じる恐れがあります。そのため今後に関しては、患者自身の体の一部の組織を用いる方法に移行していくと見られています。

自分の組織だから安心

鼻整形にシリコンプロテーゼを使うとき、医師の技量が万全である場合には安全に長く使えるといわれています。ところがそうでない場合には、挿入したシリコンプロテーゼとまわりの筋肉との間で炎症が起こって鼻が赤く腫れてしまったり、ひどいときにはシリコンプロテーゼが皮膚を破って出てきてしまったりするというケースが報告されています。そうしたことから、より安全性を高められるようにという意図で開発された鼻整形法が、自己組織移植法という方法です。この方法では患者自身の耳の軟骨や鼻の内部にある軟骨などを利用して鼻整形を行います。移植するのは自分の細胞と同じ細胞を持つ組織なので、鼻の筋肉への親和性もよく、当然アレルギー反応を起こすような恐れはありません。耳の軟骨を採取するときには頭髪によって隠れて見えにくくなるようなところからメスを入れるので、傷口が目立つのではないかという心配も不要です。いったんシリコンプロテーゼによる鼻整形を行った患者が、その後何らかのトラブルに見舞われてシリコンプロテーゼを取り出さなければならなくなった場合には、再び人工物を入れるよりもこの自己組織移植法による鼻整形を行う方がはるかに安全性が高いといえます。

Copyright© 2016 鼻整形で理想の顔パーツ|美しさを作り出すプロAll Rights Reserved.